キャッシング

キャッシングは最低金利を見て決めてはいけません!

投稿日:

キャッシングを選択する際に、まず気になるのは金利でしょう。もちろん他のサービス面も良いに越したことはありませんが、返済額に直結する問題なので、ともかく少しでも低金利のキャッシングを利用したいと考えて当然です。

その金利はキャッシングでは年利3~18%のような形で、最低と最高の範囲のみの表示となっていますが、このうち最低金利の方はほとんど気にする必要はありません。それは、実際に表示されている範囲の最低金利になることはまず無いからです。

キャッシングの金利は利息制限法によって定められている範囲で設定されます。その利息制限法には10万円未満の限度額では最高で年利20%、10万円以上で100万円未満になると18%まで、100万円以上の場合は15%までという決まりがあり、キャッシングの契約で多く見られる10万円~50万円の限度額は全て18%までの範囲に当たります。

利息制限法 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A9%E6%81%AF%E5%88%B6%E9%99%90%E6%B3%95

金利が3~18%と表示されているキャッシングで30万円や50万円の限度額で契約を行うと、まず最高の18%になると考えていいでしょう。極端な話では、100万円未満の限度額での契約は全て18%だと考えて構いません。これがキャッシングの金利設定の実態です。

この金利は100万円以上の契約になって、初めて18%より下がります。これは、上記の利息制限法で100万円以上では最高でも15%までしか設定できない為です。3~18%などと表示されていると、その間の10%くらいになるのだろうと考えてしまうかも知れませんが、それは大きな間違いなので注意してください。

キャッシングの限度額は最低が10万円のことがほとんどで、最高金利は多くのケースで18%となっていますが、これは利息制限法における最高金利なのです。キャッシング会社からすると、高い金利を設定するに越したことはありません。3~18%などという範囲の大きさに惑わされてはいけません。

では、最低金利には何の意味があるのかと言えば、そのキャッシングで最高融資金額まで借りた場合にそれが適用されるという意味になります。融資金額10~500万円で金利が3~18%という表示だった場合、500万円の限度額で契約が行えれば3%で借りることができるということになりますが、キャッシングにはご存知の通り、総量規制という規定があります。

この総量規制によって、年収に1/3が借りることのできる上限になるので、500万円で契約をするならその3倍の1500万円の年収がないといけません。それだけの年収がある人が無担保融資のキャッシングを利用するというのもあまり現実的な話ではなく、実際にはまず無い例を挙げているだけなのです。

よって、キャッシングを最低金利だけで選択しても何の意味も無いので気を付けてください。むしろ、最高金利が少しでも低い方が実際の金利が低く済むので、これが17.8%などと18%を多少でも下回っているキャッシングを選択することをおすすめします。

-キャッシング

Copyright© CABLOG , 2019 All Rights Reserved.